TOPページへ戻る 購読について
TOPページへ戻る

 
伊吹嶺落書  (20年の最新の落書)(みなさんからのメールや出来事&ネット同人からのお知らせなど)

<<20年前半保存分の落書へ(20年1月からの落書は左をクリックして下さい。)
<<19年後半保存分の落書へ
(19年7月から12月の落書は左をクリックして下さい。)
<<19年前半保存分の落書へ(19年1月から6月の落書は左をクリックして下さい。)
<<18年後半保存分の落書へ(18年7月から12月までの落書は左をクリックして下さい。)
<<18年前半保存分の落書へ(18年1月から6月までの落書は左をクリックして下さい。)
 メッセージお待ちしております。

  メッセージお待ちしております
  


20.8.2(5348)

 全国的に遅い梅雨明けとともに8月になりました。
昨日の予報では猛暑を伝えています。
新型コロナウィルスの感染拡大で、子どもたちの夏休みも短縮、
我が家では恒例だった花火見物や子家族の帰省もなくなり残念です。
ラインの動画画面越しに元気な姿を見るのが楽しみになり、
家族の無事を伝えるやりとりが増えてきました。
何でもない普通の暮らしが平凡でも幸せなのだと思うこの頃です。

★HP俳句会(締切は15日)
★ジュニア俳句(いつでも受付しています)に
TOPページ見出しから入れます。ふるってご参加ください。ご投句お待ちしています。

  少年の膝にかさぶた雲の峰     金子敦  句集『猫』より


(✩NORIKO✩)(661430)

20.7.31(5347)

★7月のHP俳句会の講評がアップされました。
今月から全体講評の奇数月は松井徒歩さんが担当します。国枝さんはじめ他の選者の評もあわせてお読みください。
★7月のオンライン句会が滞りなく終わりました。酔雪さん取りまとめのお役目お疲れ様でした。
★いぶきネット句会報が配信されました。
一紀さんから8月のいぶきネット句会の案内がありました。 投句、選句いずれもお早めによろしくお願いします。
投句期間:8月1日~8月5日(午後9時締切)
選句期間:8月6日~8月10日(午後9時締切)

樹炎さんから写真と文章を送っていただきました。

+++++『朝顔』

 梅雨明が遅く、立秋は間近なんて、コロナの影響でめりはりのない暮らしです。
又 異常気象で、この夏の暑さが気にかかりますね。

 朝顔と言えば「小学生の植物観察」が定番でしたね。うまくいかずに、枯らしたこともありました。
昔、父が「恐れ入谷の鬼子母神」朝顔の色や数をチェックして楽しんでは口ずさんでいたことが、懐かしく、
いつの間にか私まで・・・

 朝顔は江戸時代にブームがあり、江戸幕府が倒れてより、近くの入谷に住んでいた植木屋が
朝顔を作るようになったとか。沢山の品種改良がすすんだそうです。

 ちなみに、花言葉は、「はかない恋」「明日も爽やかに」


綾子忌の雨に色増す牽牛花       武田稜子 

朝顔や遠くなりたる母の家       中川幸子

                      樹炎+++++


  

樹炎さ~ん いつも有り難うございます!!

(✩NORIKO✩)

20.7.30(5346)

梅雨が明け、蝉もしきりに鳴いています。
新型コロナの第2波が こんなに早く来るとは思っていませんでした。
紫外線に弱いかもしれないとか、暑さ寒さには関連が無かったようです。
少し緩んだ気持ちを今一度引き締めて、初心にかえって気を付けたいですね。

夏休みが来ればワクワクして過ごした、自分の子供時代と比べると、暑くてもマスクをして出かけ、
夏休みも短くなったコロナ真っ只中の子供達が不憫です。(がんばれー!!)
樹炎さんから写真を送っていただきました。鹿の子百合と 蝉 風船蔓をご紹介します。

  

薬屋の百の抽斗百合の花      太田滋子  「いぶきネット歳時記抄」より

純白の蟬生まれをり寺の宵     山 たけし 『伊吹嶺季寄せ』より

(✩NORIKO✩)(661145)

20.7.27(5345)

『俳壇』8月号の入選句を教えていただきました。
磯田さん富田さんおめでとうございます!
★今瀬剛一選
秀逸  春満月ももいろめきて大きかり   磯田なつえ   
佳作  仕置場に地蔵のあまた落椿     富田範保

★加藤耕子選
特選(第1席)  荒海や防人の地の梅匂ふ   富田範保
佳作      塵払ふ詩歌全集啄木忌    磯田なつえ


(✩NORIKO✩)(660811)

20.7.26(5344)

+++++「福岡・博多・暮らしを支えた命のみず」

歴史を紐解けば福岡・博多には江戸時代、集落に52もの「辻井戸」が普及していましたが、
街の規模が拡大し、大量の水が必要となって、「塩分・鉄分」が多くなり、
明治・大正時代には、福岡の博多区 今の県庁近くの公園に残る「松原水」と言う井戸水が大活躍致しました。
大八車をガラガラ引いて歩く(水売り達)が博多の街に根付いて人々の暮らしを支えたそうです。
価格は1901年には、(180ℓ)が10銭~13銭とか。・・・
私の祖父母もこんな暮らしに馴染んでいたのかもしれません。
何時の時代も一極集中の都市化には、なんらかの問題を抱えますね。 以上地方紙ななめ読み。

ご笑覧下さい。  
                          八尋樹炎++++++



 
松原という地名は海岸線にに多くあると思うのですが、博多も松の林が多くあったのでしょうね。
当時の様子に想像が膨らみました。人間の身体も水分が62%とか。まさに命の水ですね。

★「伊吹嶺賞」の応募は七月末日(消印有効)です。 よろしくお願いします。

(✩NORIKO✩)(660751)

20.7.23(5343)

★『俳句』8月号 48ページに 
栗田やすし顧問の新作「金魚の水」8句が掲載されています。
ぜひお読みください。そのうち題名となった一句を紹介します。

    なすことも無くて金魚の水替ふる     栗田やすし

(✩NORIKO✩)(660368)

20.7.22(5342)

+++重要なお知らせ+++

  8月の伊吹嶺俳句会は中止です


8月5日(水)に開催予定だった伊吹嶺俳句会は
新型コロナウィルスの感染予防のため 休会となりました。

幹事さんから連絡がありました。お間違えの無いようお願いします。
句友の皆さまへも連絡を取り合っていただければと思います。

写真は樹炎さんから送っていただいた杜鵑草です。(✩NORIKO✩)

20.7.21夜(5341)

 梅雨明けが遅いようですが、明ければ猛暑でしょうか。コロナも第2波のようで心配です。
皆様熱中症にもご注意ください。

角川『俳句』8月号の令和俳壇(秀逸・佳作)の方を教えていただきました。
おめでとうございます!

★夏井いつき選   題詠「時」「石」を詠み込む
秀逸 里は佳し柱時計も巣燕も     加藤ゆうや
★井上康明選
秀逸 封筒に入れる小為替鳥雲に    河村仁誠
★井上康明選・朝妻力選
佳作 啓蟄や指入れて割くコッペパン  加藤剛司
★岩岡中正線
佳作 書面にて済ます総会弥生尽    磯田なつえ
★山田佳乃・白岩敏秀選
佳作 風の来て太る川瀬の花筏     磯田なつえ
★櫂未知子選
佳作 ふらここを漕ぐや山なみ濃く淡く 磯田なつえ
★朝妻 力選
佳作 春風や火の鳥といふ電車過ぐ   伊藤みつ子
〃  山吹や木札に揺るる也有の句   野崎雅子

※佳作以上で記載洩れがありましたらお知らせください。
加筆訂正しました。

写真は樹炎さんから送っていただきました。お庭のヒオウギスイセンだそうです。可愛らしいですね。
(✩NORIKO✩)(660158)

20.7.20(5340)

★7月のHP俳句会の結果発表がありました。

今月の最高点句は  <蜩や次のバスまで一時間 伊藤順女(船橋市) さん> です。

おめでとうございます。

樹炎さんから ご自宅のお庭での写真を送っていただきました。
もう蜻蛉が生まれたそうです。コシアキトンボ(手にひと休み)と糸蜻蛉です。

    

(✩NORIKO✩) (659907)

20.7.19(5339)

『俳句四季』8月号から <季語を詠む―ギヤマン>より

ギヤマンの蒼き翳りをいとほしむ     下里美恵子  

「四季吟詠」入選句(秀逸以上) 特選 森靖子さんおめでとうございます!
★下里美恵子選
特選 花供御てふあられ売りけり涅槃寺  森 靖子
秀逸 枝先に絡む和毛や芽木の風     服部鏡子
〃  廃れ田の凹みに光る蝌蚪の紐    谷口千賀子
〃  花冷やマスクに覗く目の尖り    国枝隆生
〃  段畑に畝立つ日和山笑ふ      安藤一紀
〃  眼帯のとれて弥生の空まぶし    足立サキ子
〃  花がらを摘むが日課よ春籠り    若山智子
〃  休校の朝の校庭囀れり       大島知津
〃  石段の百を一気に花の宮      梅田 葵
〃  吊橋に子ら数珠つなぎ風光る    中斎ゆうこ

佳作には多数の伊吹嶺会員の方が入選しました。

★尾池和夫選
秀逸 建て替への駅の庇や初つばめ    梶田遊子

※秀逸以上で記載洩れがあればお知らせください。

★オンライン句会の投句締切は 20日午後8時です。まだの方はオンライン句会専用アドレスに
ご投句よろしくお願いします。

(✩NORIKO✩)(659836)

20.7.17(5338)

 樹炎さんから鳥の写真を送っていただきました。きれいに撮れていますね。
自由に好きな所へ飛んでいけたらいいなー 
コロナ禍で移動が制限される状態の中 飛んでいきたい、会いに行きたい人やところは沢山あります。


+++++

 「藤井七段最年少タイトル保持者」素晴らしいですね。
コロナで不安な日々、洪水で悲惨な気持ちの中に、新鮮な風を頂きました。
若い力でこれからも、大きく羽ばたいて頂きたいですね。

 裏の溜池に3年前台風で倒れた大樹が池に傾き、最近は格好の鳥の遊び場になりました。
昼間は・川鵜・白鷺・青鷺などが間隔を置き羽根繕いをしています。
夜は主に白鷺が、塒に戻って来ます。まるで白い花が咲いたようです。

                 樹炎 +++++


  

青鷺の立つや一点見据ゑつつ      小原米子

青鷺のつがひ湖中の杭に立つ      堀 一之  いずれも武藤さんの「いぶきネット歳時記抄」より

(✩NORIKO✩)(659624)


20.7.16夕(5337)

  事務局の矢野孝子です。
 コロナ禍の「二波が来る」と言われ始めました。
又始めの一歩からかと思うと、辛いですね。
しかし、「伊吹嶺」では、ネットを使ったりしながら、皆さんで俳句モードを持続する工夫をされて来ています。  主宰もいろいろ工夫をしながら、俳句モード持続の作業をされていますが、句会や会議等々が始まったところもあり、出掛けられるようになりました。
 職場の大学も、まだリモートでの授業のようです。その準備の資料集めに週1回は大学へ行かれますが、その他の日は、自宅での作業とか。

  ☆事務局からの お願いです。

★いぶきネット句会のみへの入会希望の問い合わせが届きますが・・・。
 いぶきネット句会は、「伊吹嶺」会員のみが参加出来ます。
先ず!「伊吹嶺」に入会して頂いてから、いぶきネット句会か、他の句会へ参加していただくことが可能になります。
 いぶきネット句会は、通常の句会にいろいろな都合で参加出来ない会員の方に参加していただいています。
 (句会経費として、伊吹嶺の会費とは別に1ヶ月500円いただいています。)
お知り合いに、俳句を学びたい方がありましたら、以上のことを説明して、誘ってあげて下さい。

★「伊吹嶺」の名簿の件です。
 「伊吹嶺」では、常に最新の名簿を作って行きたいと思っています。
 皆さんの住所等々や「句会一覧」に変更がある場合は、事務局へ知らせて下さい。 (孝子)


20.7.16昼(5336)

   速報 下里美恵子さんの句が『俳壇』に掲載!!

 『俳壇』2020年8月号の「俳壇ワイド作品集」欄(130131ページ)に下里美恵子さんの「風涼し」7句が掲載されています。

 作者の下里さんは知立市にお住まいです。そして、知立といえば、在原業平ゆかりの地です。
「伊勢物語」で業平が、「かきつばた」の5文字を句頭に入れて詠んだ、「からころも きつつなれにし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ」は有名ですね。

 作品には、知立八橋の地にある在原寺、杜若、業平塚などが詠まれています。

 出版社の著作権の問題もあるので、1句だけ紹介させていただきます。(新井酔雪)(659506

    風涼し業平古道遠く来て   美恵子


20.7.16(5335)

樹炎さんからお便りをいただきました。

+++++『博多祇園山笠』
  「山笠があるけん博多たい!」
 博多の初夏の風物として親しまれた山笠が例年なら、
7月15日の夜明けに勇ましい怒号が博多の街に響くはずでしたが、
新型コロナの影響で来年に延期されました。
 山笠の中断は昭和20年(1945年)の戦況悪化による
中止から戦後はじめての延期となりました。
 法被に締め込み姿の勇壮な男衆が、街中を肩で風切る気迫が
ないと街の雰囲気が一変して寂しいものです。
 山笠は、櫛田神社の奉納神事、疫病の退散を祈願して始まったはずが、
来年に期待するしかありません。

去年の写真をご笑覧下さい。    樹炎 +++++




★一度見に行ったのですが 勇壮さ、力強さ、心意気、熱気と迫力に鳥肌が立ちました。
来年こそは全国のお祭りが催行されますように!

★HP俳句会の投句一覧がアップされました。今月も多くのご参加有難うございました。
結果はしばらくお待ちください。

★いぶきネット句会1日目の合評会が終わりました。
HP俳句会の選者と講評担当の国枝さんが 7月からの係の交代に伴って、
いぶきネット句会に復帰していただき きめ細かいご意見をいただいています。

(✩NORIKO✩)(659446)

20.7.14(5334)

 雨が降り続いています。早く梅雨明けしてほしいものです。

★いぶきネット句会は、伊吹嶺会員の方(伊吹嶺誌を購読していただける方)が
ネットを介して投句、選句、合評ができる句会です。
「伊吹嶺」の目指す俳句の基本を学びたい方は、ぜひ伊吹嶺にご入会ください。

★いぶきネット句会の選句と感想が配信されました。合評会は 15日・16日午後9時からです。

★HP俳句会は、伊吹嶺会員の方もそうでない方もどなたでも参加できます。
投句締切は毎月15日 午後9時です。ご投句をお待ちしています。

腱鞘炎のため 落書の更新ができませんが よろしくお願いします。
(✩NORIKO✩)


20.7.9(5333)

 よく降りますね。被災地の復旧が気がかりです。12日まで降り続く予報ですが・・・
伊吹嶺7月号が届きました。
河原地主宰の第二句集『憂国』の特集、「晨」代表の中村雅樹先生執筆による「虚子遠望」、
新同人競詠評と充実した内容です。

★第19回伊吹嶺全国俳句大会は 新型コロナウィルス禍の影響で紙上大会になりました。
綴込みの葉書でご投句をお願いします。8月15日(土)消印有効です。

★「伊吹嶺」25周年記念事業計画が発表されました。
よくお読みになり皆様のご賛同とご協力をお願いします。

★愛知同人句会の日程が 第二土曜日に変更になります。9月12日(土)に句会を再開の予定です。
8月まではメール等による投句のみです。

★令和元年度 犬山観光俳句の年間優秀賞のお知らせをいただきました。
いずれも伊吹嶺会員の方です。おめでとうございます!!

◎犬山市文化協会賞   髭撫でる巡査一人や目借時    久保田 誠 

◎秀逸賞        篝火を川にこぼして鵜舟くる  外宮 多恵子

(✩NORIKO✩)(658685)

20.7.8(5332)

 昨日7月7日は5ヶ月振りの京都句会でした。
 吟行無し、食事なしの午後からの3時間弱の句会でしたが実りある句会でした。
 仲間と顔を合わせることができたのが嬉しかったです。
 当日の自選一句

  街道に杉切る匂ひ梅雨晴間    哲半
  一切をこぼさぬ形や蓮の花    徒歩
  頑として巣立たぬ一羽燕の子   悦枝
  衣擦れの音が露台へチエホフ忌  万里子
  籠り居にグラジオラスの赤強し  秋麦
  ほつれ毛を指梳く癖や夏の月   忽布
  師の句碑へ山時鳥こだませり   恵光
  渓流に糸流しては鮎を釣る    英子
  万緑の山を背負へる摩崖仏    俊雄
  回覧板形代あまた挟まれて    佳子
  梅雨深し献灯灯すアーケード   英武 

 ちなみに帰りの高速バスの乗車客は私一人でした。

     (松井徒歩)

20.7.8(5331)

 
朝から岐阜県飛騨川の氾濫状況を見て驚いています。岐阜や長野にお住いの皆さま大丈夫ですか。
雨がやんでもお気を付けください。樹炎さんからもメールをいただきました。


+++++
岐阜や長野に大雨警戒警報がでました。とても心配です。
伊吹嶺のお方は大丈夫でしょうか。何日も続く大雨・・・山地の多い日本ならではの現象ともいえます。
七夕も過ぎましたが、短冊に「もう降らないで」と書き足しました。

写真は自宅に戻った時のものです。生き物は粛々と子孫繁栄に努力を惜しみませんね。
自然の力に敬服しています。油蝉がはや、これから暑くなるよと、「じ----」鳴いていました。

                 (樹炎)+++++

写真1・雨後の雲 2・甲虫 3・蝉の殻  です。
  

(✩NORIKO✩)(658534)

20.7.7(5330)

七夕ですが 記録的な大雨で熊本では多数の犠牲者がでました。
 全国的に大雨は停滞し、長く続く予想です。各地で避難指示も出ています。
河川近くの皆さまどうぞ十分にお気を付けください。
これ以上被害が広がらないように祈っています。

 写真は30年ほど前、人吉を通ったときに 買ったものです。
小さなきじ馬と小皿を買いました。
緑豊かで空気のきれいな所だなあと思いました。

人吉の雨にわびしき衾かな    阿波野青畝    

本丸に立てば二の丸花の中   上村占魚  (人吉城址にて)  句集『球磨』   (ともにネット調べ)
        
(✩NORIKO✩)(658399)

20.7.6(5329)

 
この度の水害に遭われた方々へお見舞い申し上げます。
昨日の樹炎さんのメッセージが心に沁みます。

 俳人協会発行の「俳句文学館」が届きました。
伊吹嶺同人の小島千鶴さんの「きもののこころ」と題した随想が掲載されています。

簡単に紹介しますと <「畳む文化」からの「折り目正しくする習慣」「礼儀正しさ」など日本人の知恵や美意識、自然との関わり方が込められている>ことが綴られて、細見綾子先生の句が紹介してありました。

  冬来れば母の手織の紺深し   細見綾子

  ふだん着でふだんの心桃の花  細見綾子

 着付けの指導をされ、素敵に着物の着こなしをされる小島さんならではの随想でした。

 そういえば 先日、藤井七段のタイトル戦で 二度目の和服姿を見ました。
爽やかな色合いで、涼しげで、夏物の仕様でした。今日も対局があるそうで、日本一忙しい高校生ですね。

(✩NORIKO✩)(658288)


20.7.5(5328)

 昨日からニュースの映像を見る度に、数十年に一度の大雨とは、数年に一度になっているのでは、と
心痛めています。樹炎さんからお便りをいただきました。


+++++ [熊本球磨川の洪水」
 「もう この辺でいいでしょう」
三戸のご老公の言葉を引用するのも不謹慎ですが、
毎年のように、続く梅雨末期の豪雨に呆れ返るばかりです。
停滞する梅雨前線で多くの人の命を失いました。  (合掌)
 停電、電話の不通も災害を大きくしてしまいました。
中でも両側から迫る山間部は住居地を大河に変えて暴れました。
 日本三大急流の一つ球磨川・・・コロナ感染とあいまって、
避難の躊躇もあったのかもしれません。
今後も続く災害やコロナ禍は五里霧中ですね。

                八尋樹炎+++++

 

写真は地方紙引用だそうです。
東京と近隣の感染者も増え 地方にもクラスターとか。まだまだ注意を怠ってはいけませんね。

(✩NORIKO✩)(658199)

20.7.4(5327)

 
球磨川が氾濫したようです。心配ですね。集中豪雨の地方の皆さまお気を付けください。

樹炎さんから 合歓の花の写真を送っていただきました。
街なかではなかなか見られません。郷愁を誘われますね。

 
 虹飛んで来たるかといふ合歓の花    細見綾子

「私は女であるためか、合歓を見ても美人などは連想しない。夢とか、虹とか、そんなものを思い浮かべる。
合歓は明るくて、暗い雨の日でも灯るように咲く。合歓が咲くと、その場所が好きになるのだった」
   細見綾子 『武蔵野歳時記』(1996)より


  

★いぶきネット句会の締切は 明日7月5日 午後9時です。

今日も皆さまにとって良い日になりますように。(✩NORIKO✩)(658080)

20.7.2(5326)

 梅雨晴間です。鈴木英子さんから 桔梗と古典の話題を送っていただきました。

+++++「桔梗の花が咲きました。」

 いぶきネットの皆様 知立句会の鈴木英子です。夏至になりましたが、まだまだ梅雨が続き、コロナも一進一退で不安な日々です。
 家の庭で、夏至のころ、桔梗が美しい紫の花を咲かせました。現在は盛りで息を呑む美しさです。

 桔梗は秋の七草の一つで「秋」のイメージですが、花は夏から秋のはじめに咲きます。「萬葉集」巻八、1537番と1538番に山上憶良の歌でよく知られている歌があります。  

1357番 秋の野に咲きたる花を指折りかき数ふれば七種の花

1358番 萩の花 尾花 葛花 撫子の花 女郎花また藤袴 朝顔の花

 ここで、「朝顔の花」と言うのは諸説ありますが、「桔梗」のことだといわれています。
桔梗といえばいろいろな話題がありますが、今回は、紫式部の屋敷跡だと伝えられている「蘆山寺」別名桔梗寺について述べたいと思います。

「蘆山寺」は京都御所の東、寺町通りに接してあります。円浄宗の本山で938年開創だそうで、種々事情があって天正年間(1573~1592)現在の地に移ったそうです。

 ここが、桔梗寺といわれ、紫式部の屋敷跡といわれるのはなぜか。
私はこの寺は御所にくっついているので、何度も訪ねているのですが、昨年の秋に行ったときに、受付のおばさんが「ここは式部の屋敷跡です。国文学の偉い先生が証明されています。」とのこと。

さて、5~6年前のこと、「伊吹嶺」の全国大会が、京都御所の隣の京都平安ホテルで開催された時に、暇を見つけて、御所を横切り、蘆山寺へ行きました。その途中に御所内の清和院御門へ行く道沿いに「土御門東洞院跡」という小さな木の立て札がひっそりと立っているのを見ました。私は、かなり感動して、立ちつくしていました。ここから、蘆山寺までは300メートルぐらいしか離れていません。

御所は、初めはここから2キロ東にあったそうですが、その後火災などの災害で、移転や再建を繰り返して、いまの地にありますが、この地は里内裏としてあったのを元弘(1331)元年からこの地に移し、いまの御所として続いています。

紫式部の時代はこの地が藤原道長すなわち、式部が仕えた、彰子中宮の父の屋敷で中宮の里であったわけです。式部の屋敷はすぐ近くということになります。「紫式部日記」の冒頭の部分に、彰子中宮のお産の場面がありますが、ここがその地でしょうか。

以上は私の歴史と文学の妄想であります。これが妄想かどうか、もっと調べてみたいと思います。今現在、蘆山寺は桔梗の花の盛りだと思うのでぜひ出かけたいです。
    
                                (鈴木英子)+++++

 国語を教えていらした英子さんならではの記事、有難うございました。
1357番の歌は  指(および)折り  と読むことを知りました。
写真も送っていただきました。
濃紫のような、紺の色合いが深いですね。  (✩NORIKO✩)(657841)

20.7.1(5325)

 
7月になりました。各地での大雨が心配ですね。お気を付けください。

★6月のオンライン句会が終わりました。先輩の「取り合わせ」についての解説もあり、充実した句会でした。
ご参加の皆さま有難うございました。

★いぶきネット句会が始まりました。。

     ◆いぶきネット7月句会の投句、選句のご案内◆     

投句期間 7月1日(水)から5日(日)午後9時締切
選句期間 7月6日(月)から10日(金)午後9時締切

投句、選句は、出来るだけお早目にお送り下さるようにお願いします。

 名古屋地方では、今日午後から雨が止み只今は「梅雨の晴れ」蒸しております。
庭に作ったゴーヤの簾、いまいち枝、葉の伸びが悪く日陰が出来ずヤキモキしています…
句会の仲間から貰った‘白ゴーヤの種、3本目も何とか枯れずに葉が4枚のまま持ちこたえています。
梅雨明けには‘簾になって窓に日陰を‘と見守っています。
                     (安藤 一紀) +++++


★HP俳句会、ジュニア俳句の募集をしています。
各見出しから入ってふるってご投句ください。

写真は一紀さんのお宅のゴーヤ棚です。楽しみですね。


(✩NORIKO✩)(657744)
 

20.6.30(5324)

『俳壇』7月号の入選のお知らせをいただきました。
おめでとうございます。


「俳壇雑詠」
★有馬朗人 選
佳作 花山葵移動床屋の予定表      磯田なつえ
〃  禅堂の起居一畳や冴返る      富田範保
★森田純一郎 選
佳作 闘鶏や血を見て軍鶏のいきり立つ  富田範保

(✩NORIKO✩)(675608)

20.6.29(5323)

樹炎さんから またまた素敵な写真を送っていただきました。
糸島にも夫婦岩があるそうで、素晴らしい夕日の中の風景です。


+++++  『夫婦岩の夕焼け』    
 梅雨の晴れ間に糸島の夫婦岩に家族と出かけました。
夏至を過ぎ入日は夫婦岩を大きく西に外れていました。梅雨の最中、雲がかかり
鈍い夕日を楽しみました。
入日には一時間ほど間がありましたが、久しぶりに玄海の潮の香りと波のシンフォ
ニーに
心癒され 自然の大きさ、美しさを今更ながら感動出来ました。ご笑覧下さい。

                            八尋樹炎+++++

海夕焼マンションに児と積木積む   栗田やすし  武藤さんの「いぶきネット歳時記抄」より

  

(✩NORIKO✩)(657511)

20.6.28(5322)

 はやいもので、6月も今日を含めてあと3日ですね。
2月からマスクや自粛で気を付けていても まだまだウィルスは世界を覆っているようで
東京が気になります。あとしばらくは罹らないように気を付けましょう。
 樹炎さんから 翡翠の話題を送っていただきました。


+++++昨日梅雨の晴れに、我が家に帰り、婿さんから貰った写真です。

裏の溜池に、4羽の翡翠が枯れ木に止まって羽繕いしていたそうです。

二匹はどうも子翡翠らしく、黒ずんだ色をして子育て中かも知れませんね。

  はつきりと翡翠色にとびにけり  中村草田男

                        (樹炎)+++++
 
 

 枝に止まっているのは可愛くてあどけないような・・・
お婿さん写真もお上手ですね。 翡翠の飛翔もとても大きく見えます。有難うございました。
(✩NORIKO✩)(657411)

20.6.24 午後(5321)

 月刊『角川』7月号 「令和俳壇」の入選者をお知らせしていただきました。

★井上康明選 秀逸 ★朝妻力選 佳作
    笛方も太鼓も地べた午祭    磯田なつえ   
★山田佳乃選
秀逸  馬鈴薯を植ゑて聞きゐる夜の雨 齊藤眞人
★井上康明選 
佳作  一揆の碑までの寄り道蕗の薹  国枝隆生
★櫂未知子選 
佳作  縄文の土器のつぎはぎ草萌ゆる 富田範保
★白岩敏秀選
佳作  ふるさとの風の尖りに梅ひらく 伊藤みつ子

おめでとうございます!
※記載洩れがありましたらお知らせください。(追記しました)

(✩NORIKO✩)


20.6.24(5320)

★今月のHP俳句会の結果と講評がアップされました。
今月の最高得点句は、

<絵手紙に山の消印アイスティー 加藤剛司さん(名古屋市)> でした。
おめでとうございます!

講評もあわせてお読みください。

★ジュニア俳句はいつでも受け付けています。皆さまふるってご投句ください。

(✩NORIKO✩)(656939)  

20.6.23(5319)

今日は沖縄慰霊の日ですね。
多くの人々の犠牲の上に今の平和があります。この平和が続いていきますように。

  慰霊の日礎にすがり婆泣ける    栗田やすし 句集『半寿』所収  (礎=いしじ)

樹炎さんから 素敵な写真を送っていただきました。


+++++『時の移ろい』
 ぼんやりして、月の暦をめくれば、これで今年も半分過ぎたのか〜〜〜
コロナ禍の中、体力も衰え 顔もふっくらしてきて・・・
自宅に戻るとまるで、飢えた俳人になり、キョロキョロしている自分が可笑しくもある。

 自然は良いな〜整然と静まった植田の美しさ、夏至の入日(日本の夕陽百選)に選
ばれた 糸島の二見ヶ浦の夫婦石に日輪の輪がしずむ 絶景!!
燕の子育ての忙しさ 、子雀 の賑やかさ、足下の露草までが新鮮でならない。
              ご笑覧下さい。   樹炎 +++++



(✩NORIKO✩)(656821)

20.6.22(5318)

樹炎さんから 部分日食の写真を送っていただきました。縦長写真は スマホでしょうか?

+++++「部分日食」

6月21日の夕方、日本全国で「部分日食」が起こりました。      

 福岡では、16時ころからで、婿さんが早速写真を添付してくれました。

次回は10年後だそうです。直接観察出来ず残念です。 (樹炎)+++++



                       

よく撮れていますね。夕方暗い感じがしたのですが、日本全国でみられたのでしょうか。うっかりしていました。
有難うございました! (✩NORIKO✩)

20.6.21(5317)

 橋本ジュンさんから 吟行記事を送っていただきました。自粛解除で早速吟行会。良かったですね!

++++++++++++++
関東支部・欅句会吟行


混雑している場所ではマスクをしながらですが、ようやく日常に近い行動が取れるようになってきました。そして、私の7月からの名古屋への転勤を期して、6月20日、久しぶりに欅句会の特別吟行を開催しました。2月以降、メール句会とテレ吟行でしたので、実に5ヶ月ぶりです。
梅雨の最中ですが、幸い好天に恵まれた日比谷公園は薫風が本当に気持ちよかったです。
青葉の中、オープンエアの松本楼のテーブルで、句会しながら、再会を祝しての乾杯とランチを楽しみました。

以下は、参加者の自選句です。

心字池渡るそよ風糸蜻蛉       ジュン
リズムよきAIロボット芝を刈る   あきを
翠蔭に栄進の友待ち合はす      とみお
緑蔭や松本楼にカレー食ぶ      一 成
忘れ草尾張へ戻る友とゐて      光 晴
寝そべりし昔デートの青き芝     一 灯

++++++++++++++

   

 
好天で良かったですね。ジュンさん 7月から名古屋へようこそ!楽しみです。

(✩NORIKO✩)(656456)


20.6.18(5316)

『俳句四季』第20回全国俳句大会 最終審査の結果発表がありました。
最終候補作品20句に 田嶋紅白さんの次の句がありました。おめでとうございます!

  
落鮎を水にくるみて摑みけり     田嶋紅白

『俳句四季」7月号「四季吟詠」入選句(秀逸以上)をご紹介します。
★加古宗也 選
特選 飴色の利休の茶杓二月果つ     国枝隆生
秀逸 テノールの軽き息つぎ春愁ひ    野島秀子

★田島和生 選
秀逸 抱卵の巣箱つつめる日ざしかな   谷口千賀子
〃  うららかや素焼きの壺を並べ干す  福田邦子


国枝さんの特選は何回目でしょうか。おめでとうございます。
その他多くの方が佳作に入選しました。
記載洩れがありましたらお知らせください。
写真は樹炎さんから送っていただきました。アマリリスです。

(✩NORIKO✩)(656065)

20.6.16(5315)

★オンライン句会の投句期間が始まりました。締切は20日(土)午後8時です。
参加者の方は オンライン句会専用アドレスへお早めに投句をお願いします。

★HP俳句会に多くのご投句有難うございました。選と評はしばらくお待ちください。

(✩NORIKO✩)(655814)

20.6.14(5314)

 よく降りました。沖縄では早くも梅雨明け(例年より11日早い)だそうです。
豪雨による水害だけは避けてほしいと思います。しかし子ども時代の梅雨
の記憶よりも、
大雨が多い気がします。
暑さと雨は亜熱帯化しているような気もしています。熱中症、コロナウィルス共に気を付けましょう。

★HP俳句会の投句締切は 毎月15日午後9時です。
まだの方はあと2日ありますので是非!
★ジュニア俳句はいつでも受け付けています。ご投句お待ちしています。

写真は樹炎さんから送っていただいた 芙蓉です。

山裾の日暮は早し花芙蓉        夏目悦江

芙蓉や木槿は秋の分類ですが、実情は違ってきていますね。

腱鞘炎になってしまいました。少しキーボードを控えようと思います。
落書は毎日更新できませんが よろしくお願いします。
(✩NORIKO✩)(655558)

20.6.11(5313)

 梅雨に入りましたね。いぶきネット句会選句一覧が配信されました。今月も良い句が並んでいます。
樹炎さんから九州ならではの話題を送っていただきました。

+++++
九州では今日から梅雨入りです。
毎日のように、マスク・手洗い・うがい・と鬱陶しい春が過ぎ、
次に、季節の「梅雨籠り」です。
体重も何となくふっくら・・・皆様は如何でしょうか。

  「密ゴロウの季節」?
ムツゴロウは、有明海や八代海の干潟に生息、成魚は大きいもので体調約20センチ
水温が上昇する7月までが、繁殖期になります。
コロナ禍で、三密を避ける人間社会とは違って恋愛成就した何組ものカップルが、それぞれの巣穴に消えて行ったそうです。
口を大きく開けて、ライバルを威嚇するムツゴロウの写真に勇気を貰いました。
以上 地方紙斜め読みです。  ご笑覧を。

                       
       八尋 樹炎  +++++


 


 有難うございました! 元気のいいムツゴロウ! 生き物は自然の中でぞれぞれ頑張っていますね。

(✩NORIKO✩)(655295)


20.6.9 (5312)

 ★いぶきネット句会の選句締切は 明日10日(水)午後9時です。
いつもお知らせ担当の安藤一紀さんから 写真を添えてグループメールが配信されます。
ご近所の田植の風景です。花菖蒲が綺麗ですね。

   山影を逆さに植田かはづ鳴く  神尾朴水   武藤さんの「いぶきネット歳時記抄」より



 6月9日をウィキペディアで検索すると、歴史的な事件が起こった日とか、誕生日が載っています。
知っているところでは 朝ドラ「エール」で出演した志村けんさん扮する 山田耕筰の誕生日でした。
また薬師丸ひろ子さん、ジョニー・デップの誕生日など。
面白いところでは 1934年にアニメーション映画で初登場したのでドナルドダックの誕生日とされています。ディズニーのTVを見て ドナルドダックばかり登場するので分かり、ググってみました。
また1945年には太平洋戦争で熱田が空襲に遭いました。
1993年 現天皇皇后両陛下の結婚の儀がありました。
2002年 ワールドカップで日本代表がロシアに1―0で勝ち、ワールドカップ初勝利。

 昨日は藤井七段が棋聖戦第一局勝利しましたね。素晴らしいです。

(✩NORIKO✩)(655090)

20.6.7 (5311)

  
+++++重要なお知らせ+++++

伊吹嶺俳句会は、7月1日 (水) 再開されます!

ご参加よろしくお願いします。 なお、会場内は 必ずマスク着用でお願い致します。

幹事さんから連絡をいただきました。7月から再開です。どうぞご参加ください。

(✩NORIKO✩)


20.6.6 (5310)

 
「伊吹嶺」6月号が届きました。

第14回「伊吹嶺」新人賞と第12回「伊吹嶺」秀句賞の発表と選考経過が掲載されています。
  新人賞   加藤剛司さん
  秀句賞   風光る子の真つ新な定期入れ   朝倉淳一さん
落書では速報でお知らせしていましたが、あらためておめでとうございます!
また表紙裏には句集『福寿草』を上梓した内田陽子さんの写真も掲載されています。

河原地主宰の「俳日和」で 秋の全国俳句大会について、着々と準備が進められていましたが、新型コロナウィルス禍の状況と 緊急事態宣言発令、第二波、第三波の警戒を鑑み、静岡での開催はとりやめ 不在投句の形となることが発表されました。投句方法等、詳細は7月号に掲載されます

愛知同人句会の日程が<9月から>変更されます。
7月、8月はメール等による投句で その後は 第二土曜日になりました。
再開は9月12日(土)からの予定です。

★いぶきネット句会投句一覧が配信されました。選句締切は10日午後9時です。よろしくお願いします。

  写真は樹炎さんから送っていただきました。 矢車草です。

(✩NORIKO✩)(654699)


20.6.5 (5309)

 暑い日が続きましたね。
藤井七段が最年少でタイトル挑戦!! 明るいニュースが嬉しいです。

今まで部屋の中でもマスクをしていましたが、もう暑くて息苦しいです。
それでも外出にマスクは忘れてはいけないと思っています。冷感マスクも欲しいです。。

 樹炎さんのお宅に アマビエが出現! お便りをいただきました。

+++++「アマビエ」   
「アマビエ」? 新型コロナウイルスの沈静化を祈ってイラストを描く人が増えていますね。
我が家の玄関にも居ました。娘が北海道の土産に買ったブリキの「フクロウ」・・・
娘曰く、「これアマビエに似てるから、厄払いに置いてるの」
そのつもりで見ると口の尖りがそんな気もしますが?・・・
夜明けがぐんと早くなりました。おどろいて散策に、日射しが強く梅雨入りも間近です。

先の見えない「ステイホーム」にストレスが溜まりますが、
俎板に音弾ませてキャベツを刻む、、ついでに訳の解らない鼻歌も幾分発散になっています。

                     樹炎+++++

  

可愛い!! 樹炎さんにはコロナは近づかないと思います。
  お花は梔子の花と紫陽花です。
★本日5日はいぶきネット句会の投句締切です。お忘れの無いようお願いします。

 (✩NORIKO✩)(654489)

20.6.2 (5308)

 早いもので6月です。
昨日はコロナ収束を願って 花火が打ち上げられたそうですね。
医療従事者の皆さまには感謝とエールと送りたいです。

★5月20日に始まったオンライン句会の1回目も順調に終わりました。
6月もよろしくお願いします。

★いぶきネット句会の投句受付が始まっています。投句締切は 6月5日午後9時です。

★HP俳句会へのご投句は毎月15日午後9時締切です。

★ジュニア俳句はいつでも受け付けています。是非!

樹炎さんからお庭の花の写真を送っていただきました。
いつも有り難うございます!鉄線花です。

   垣越して風ともみあふ鉄線花  清水弓月  武藤さんの「いぶきネット歳時記抄」より

  (✩NORIKO✩)(654249)

20.5.31 (5307)

  合同句集『炉火』の第5号が上梓される!!

 皆様、この度伊吹嶺関東支部より、合同句集『炉火』の第5号が発刊されました。
関東支部の皆様、誠におめでとうございます。

 『炉火』は隔年に発刊されていますので、かれこれ10年の歴史があります。
関東支部の皆さま方のたゆみないご努力と熱心な取組みは大変素晴らしいと思います。

 句集には1人20句、関東支部の皆様24名の句が掲載されています。
序文は栗田やすし先生が書いておられます。そこには愛誦すべき句として、1人1句ずつ紹介してあります。
あとがきは、関東支部長鈴木みすずさんが書いておられます。
みすずさんは、かつてインターネット部がお世話になっていた方です。

 この度の合同句集『炉火』第5号の上梓、おめでとうございました。(新井酔雪)(654059

     


20.5.30 (5306)
 
 6月から本格的に学校も再開のようです。
5月29日、東京の空をブルーインパルスが医療従事者へ感謝のフライトをしました。

 終わりの見えにくい新型コロナと戦っている方々へ ひとときの間でしたが 大きなエールとして
明日に繋がる希望となって心に届いたことと思います。
北九州で 東京でまたクラスター発生とも言われています。長い闘いになるかもしれません。
ですが、日本も世界もこの目に見えないウィルスという敵を乗り越えていけると思います。
今の私たちは 自分に出来る事を実行する!ですね。 

  

写真はテレビからです。(✩NORIKO✩)(653837)

20.5.28 (5305)

 樹炎さんから明るい話題をいただきました♪ 可愛らしいこと!

+++++

昨夜 婿さんから四十雀の巣立ちの写真が届きました。卵が孵化して15日ぐらいだったそうです。

四十雀の番が最初は小さい青虫に始まり、次第に口からはみ出る太さの青虫に変えて子育てに忙しく、

親鳥が青虫を咥えて行き交う様子を楽しんだそうです。

巣立つ頃は近くの小枝に餌をくわえて巣立ちをしきりに促すさまは、人も学ばなくてはなりませんね。

無事の巣立に、拍手です。 来年も期待して・・・ ご笑覧下さい。  (樹炎)+++++

  

  
草原にとびては沈む巣立鳥    坂本操子  『伊吹嶺季寄せ』より

(✩NORIKO✩)(653723)

20.5.27 (5304)

★いぶきネット句会報が配信されました。コロナ禍のなかでも粛々と(?)句会が進行しています。
★HP俳句会の講評がアップされました。 参考になれば幸いです。
★来月も、HP俳句会、ジュニア俳句のご投句をお待ちしています。

知立句会の鈴木英子さんから京都御所の話題をメールしていただきました。

+++++

いぶきネットの皆様、知立句会の鈴木英子です。

世はコロナ禍で重苦しく、閉塞感の漂う今日この頃です。しかし5月25日を目途に緊急事態宣言が解除される見通しですが、先行きはまだすっきりしません。何はともあれ、落ち着いた暮しに戻りたいものです。

 さて、そんな中、早いもので令和の世も2年となり、天皇陛下が即位されて2年目になります。コロナ禍で各種のお祝いの行事も延期や中止になりました。先の上皇ご夫妻がご努力されてきた平和への思いを天皇ご夫妻も受けつがれてその思いを静かに祈っていらっしゃいます。

 今日は、京都御所の話です。昨年の11月15日のことです。旧七夕会の華展の折、京都在住の大学の級友を呼びだして京都御所へ行こうということになりました。今、御所はだれでも入ることができます。私達は大学で机を並べ、古典を学んでいたので、平安朝の文学の世界に浸りたいと思いました。特に清涼殿では『源氏物語』や『枕草子』の世界で紫式部、清少納言、定子皇后、彰子中宮などのお姿が柱の影、几帳から覗いているような錯覚を感じます。

 ところがです・・・御所の建物に入る門に近づくと人影がまばらです。守衛さんに聞くと今日11月15日はお休みで中に入れません。とのこと。東京の皇居で天皇陛下の即位お祝いの秋の大礼があり、皇宮警察や職員がほとんど東京に行っていますとのこと。残念、残念。

 仕方なしに、御所の周りを散歩しました。普段はいかない皇宮警察の本部やその他の建物、庭などを見て、その日はお開きにしました。その後、リベンジのため、別のグループで今年の1月に、御所に行ったところ、なんと清涼殿は改修工事の為拝観中止となっていました。令和4年ぐらいまでかかるそうです。ああ~・・・。

私はその時まで何としても元気でいようと思います。  (鈴木英子)+++++

 清涼殿の拝観中止残念でしたね。
今京都の外国人観光客は とても減っているようですが、
以前の日常が戻るのはいつになるのでしょう。

自由にどこでも行ける日まで、生活スタイルに気を付けて 元気でいましょうね。

 

(✩NORIKO✩)(553591)

20.5.27 (5303)
 
橋本ジュンさんからお便りをいただきました。

******************

五月の欅句会もメール句会でした。これで、三月から三ヶ月連続でコロナ禍のもとのメール句会です。にもかかわらず今回も、当季雑詠の部、テレ吟行の部とも佳句が揃いました。今月も、遠方から伊藤範子さんの参加もあり、賑やかな句会となりました。
メール句会にも慣れてきて、コメントがたくさん出そろうようになりました。しかし、何と言っても反省会だけは、できませんし、顔を見ながらの文字にならない阿吽の呼吸の句座のやりとりもできません(笑)。6月は、ぜひ、吟行・句会・反省会、ができますように。皆さま、お体に留意され、直接お会いして杯を酌み交わせる方法を検討しましょう。
テレ吟行の句を中心に、自選句を紹介します。


 磨き上げ広き玻璃窓若葉光    麻 季
 聖五月今日の外出ポストまで   眞 人
 庭ぢゆうの陽を撥ね返し柿若葉  ジュン
 カタカタと歩行器の子来青葉風  あきを
 水団がふたりの昼餉昭和の日   とみお
 渓流の落ちあふ音や若葉風    一 成
 植えし田に上総の風のやはらかし 光 晴
 白樺の若葉明かりや遠浅間    一 灯
 若葉風窓広く開けストレッチ   範 子

******************

  

写真もジュンさんから送っていただきました。テレ吟行のテーマは、新緑・若葉・青葉でした。
メール句会でも充実した句会が続いたとのことで、私も参加させていただき有難うございました!。
緊急事態宣言も解除され、6月の句会がたのしみですね。


(✩NORIKO✩)(653414)

20.5.25 夕(5302)

角川の「俳句」6月号の入選をお知らせしていただきました。


「令和俳壇」
★星野高士選
秀逸 寒鰤の跳ねて秤の定まらず   富田範保

富田さん 総合誌にいつもご入選おめでとうございます!!

20.5.25 (5301)

 
関東の一都三県と北海道も緊急事態宣言が解除されるようです。皆さん長い間自粛生活を頑張りました。
これから秋冬の流行に備えて、生活スタイルに気を付けながらワクチンを待ちましょう。

 欅句会の橋本ジュンさんから 朝日俳壇入選者を
先輩から「俳壇」5月号入選者を教えていただきました。

+++++

5/24朝日俳壇に齊藤眞人さんの句が、大串章先生の第三席に入選されました。
「まこと」におめでとうございます!
我々も、その後に続きたいものです。
★大串章選 
第三席 武蔵野の一点となり畑打つ  齊藤眞人
また1月にも入選されました。
★高山れおな選    1月
ラーメンに胡椒たつぷり寒の入    齊藤眞人
眞人さん、おめでとうございました。(ジュン)

「俳壇」5月号  雑詠
★山田貴世選
特選(第1席)    顔なきまで踏絵のマリア踏まれたる  富田範保
★今瀬剛一選
秀逸       正面に如月の富士花時計        磯田なつえ
★加藤耕子選
佳作       合掌家煤けぬものに雛の顔       富田範保
  +++++


皆様おめでとうございます!写真は樹炎さんから送っていただきました。白と紫の蛍草です。

 

(✩NORIKO✩)(653291)

20.5.22 (5300)

 
晴れやかな日となりました。愛知では一部学校登校、名古屋も近く馴らし登校が始まるようです。

HAGURUMA句会の髙柳杜士さんから 孝子さん経由で写真とメールをいただきました。
新緑の自然を満喫されたようです。

+++++

外出自粛の中ですが、運動不足解消のため日曜日(17日)に東海市の加木屋緑地を散策してきました。
ちょうど巣立ったばかりの燕の兄弟?が枝に止まっていて、可愛いなとカメラを向けましたが、ズームアップすると意外にきりっとした面構え。
この後、一羽ずつ飛び立っていくのを、元気に逞しく育てよと思いながら見送りました。


ホオジロは「一筆啓上…」と美声を聴かせてくれました。
ウグイスもたくさん鳴いていましたが、声はすれども姿は見えず。
自然の中でストレス解消になった一日でした。

【加木屋緑地公園はこちらから】

https://www.tokaikanko.com/play/walking/kagiyaryokuti/

     髙柳杜士+++++


  

私の故郷の公園へお出かけになられたのですね!写真もお上手ですね。有難うございました。
今後ともよろしくお願いします!

(✩NORIKO✩)(652866)

20.5.21 (5299)

 
樹炎さんからお便りをいただきました。
自粛中でも リフォームという素敵な生産活動(?)をされました。お上手ですね。


+++++『ご託並べて衣更』

 冬服も春の服もそろそろ終わり。
コロナウイルスの拡大で、1シーズンに数枚のセーターと
パンツで事足りたようです。衣更えが断捨離時・・・

そのつもりで、クローゼットを開くと、あるわ、あるわ、
昔、活け花の仕事をしていたころの派手な色や少々つっぱつた
デザインの服、背伸びして頑張っていたのかも?(笑)

中には定番でありながら、出番のなかった服、試しに袖を通して
鏡の前に「何かが違う・・・」年齢的には無理なのかもしれない。

最近「不要不急の外出はしない」で、美容院も無沙汰、髪がどんどん白くなってきた。
ショ―トカットがロングヘヤースタイル「こんなの初めて!」
伸び放題の白髪を後ろで束ねるしかない「家に籠って白狐に変身するしかない。」

髪の色に合わせて服も色やデザインを楽しめば良いのでは・・・?
一人、ごたくを並べて、断捨離出来た服は、わずかでしかない。
捨てきれない・・・又たたみ直して仕舞い込む、暇つぶしでしかなかった。

とりあえず、母の着物を縫い直した作務衣で、買い物に行くことにしましょうか。

                  (樹炎)+++++

 羽織りものは重宝しますね!とてもお母様の時代の物とは思えない綺麗なお着物!
良いですね!

  脱ぎ捨てゝ冥途姿へ更衣   沢木欣一  句集『遍歴』所収

(✩NORIKO✩)(652737)


20.5.19 (5298)

★HP俳句会の選句結果がアップされました。
今月の最高得点は、<春月や米とぐ水のやはらかさ  直樹さん(埼玉県)>でした。
おめでとうございます! 来月も多数のご投句をお待ちしています。

『俳句四季』6月号「花の歳時記-薔薇」に、荒川英之編集長の文章と、河原地主宰、栗田顧問ほか
仲間の「薔薇の俳句」が掲載されました。

  我独り蕾ばかりの薔薇園に    河原地英武   

  赤すぎるバラ東北の震災忌    栗田やすし

  少年の生けし黄の薔薇よく匂ふ  荒川英之

「四季吟詠」入選の皆様です。

★山本比呂也選
秀逸 寒紅の息吹きかけて鼓打つ   野島秀子
〃  兼定の刃紋浮き立ち春立てり  国枝隆生
佳作 凍星やホロコーストの記憶なほ 大島知津
〃  にはとりも飼ひし日語る梅の下 長崎マユミ
★柏原眠雨選
佳作 のぞき込む底へ春日や真田井戸 奥山ひろ子
〃  遠山の頂き染むる寒夕焼    谷口千賀子
〃  暖かや地蔵に赤き涎掛け    福田邦子
★能村研三選
佳作 冬の夜の通過列車の音軽し   服部鏡子
★山田佳乃選
佳作 園児らの声響き合ふ木の芽晴  梶田遊子
★鈴鹿呂仁選
佳作 天を指すブロンズ像や春夕焼  鈴木英子
★関森勝夫選
佳作 一人居の気まま不自由目刺焼く 加藤弘一

※記載洩れがありましたらお知らせください。

(✩NORIKO✩)(652509)


20.5.18 夜(5297)

+++お知らせ+++

6月3日(水)の「伊吹嶺俳句会」は中止になりました。

幹事さんからお知らせがありました。
ご予定を入れていた皆さま お間違えの無いようにお願いします。

20.5.18(5296)
 孝子さんからメールと写真を送っていただきました。有難うございます!

+++++
 外出の足を少し伸ばして、「陶彦社」に寄りました。
瀬戸の氏神である「深川神社」の社に並んで、陶器の神様の祀ってある
「陶彦社」が鎮座しています。
40年ほど前に、沢木欣一先生が「風」の連衆と吟行をされた所です。

 「陶彦の神の降らせる楠の花   沢木欣一 」

 今は楓や楠の若葉の一番美しい時期で、楠はそろそろ花が咲き始める頃です。
 マスクをしている狛犬は、瀬戸市の文化財の狛犬と同寸の「撫で狛犬?」とか。 
この社では 絵馬の代りにミニの狛犬が(写真右下)並べてありました。   

         (矢野孝子)

 
沢木先生が推敲を重ねられた句ですね。 <神の降らせる>が 素晴らしいと思いました。

狛犬もマスク! しばらくはエチケットとしてマスク生活が続くことでしょう。
熱中症に気を付けながら・・・・

(✩NORIKO✩)(652389)

20.5.17 (5295)

 
伊吹嶺5月号が届きましたね。 今月も特集や新同人競詠ががあり、充実した一冊です。
いぶきネット句会のチャットによる合評会も 多数のご参加で多くの感想を述べ合いました。

樹炎さんから写真を送っていただきました。野バラとヤマハハコ(山母子・キク科)です。


 +++++待ちかねた緊急事態の解除を受けましたが、どこかに不安が後を引きずりますね。
つい 半月前まで、寒さを避けて午後の散歩でしたが、急に気温の上昇で早朝に変えました。
まだ、ねむそうな草花を撮ってみました。  樹炎+++++

  

(✩NORIKO✩)(652247)

20.5.14 夜(5294)

  河原地主宰の句集『憂国』紹介記事 ふらんす堂編集日記にふたたび!!

5月13日の<ふらんす堂編集日記>に 
中日新聞に、4月18日に掲載された 加藤かな文先生による句集『憂国』紹介記事が載っています。

句友からお知らせしていただきました。皆様ぜひご覧ください。

ふらんす堂編集日記 5月13日の記事です。 
  【こちらから】


新型コロナ感染拡大の緊急事態宣言は 解除された地域 
条件付きの地域 あと一歩(?)の地域があります。

39県では感染観察となったとはいえ 今後も 手洗い マスク 
ディスタンス を続けて 3密を避けて細心の注意を払いながら、備えたいですね。

★いぶきネット句会選句一覧と事前感想が配信されました。
グループメールでその後も感想を述べ合って、ネットならではの良さを
感じているところです。
チャットによる合評会は15・16日です。

★HP俳句会の締切は15日(金)午後9時です。伊吹嶺会員の方も投句できます。ふるってご参加ください。

★オンライン句会は15日から20日が投句期間です。参加される方は特設のアドレスへご投句お願いします。

写真は樹炎さんから送っていただきました。 花海桐です。   (✩NORIKO✩)(651782)

20.5.11 (5293)

 矢野孝子さんからメールをいただきました。近況と 河原地主宰の記事を教えていただきました。
また、栗田先生と河原地先生の句集お申し込み方法もご覧ください。

★ふらんす堂編集日記  5月9日(土) 【こちら】
河原地主宰の句集『憂国』の紹介記事がありました。皆さま是非!!

https://fragie.exblog.jp/


 「〇〇先生の句集を読んでいるんだけど、良いわぁ~~」「丁度今、句集を読んでいるんだ!」
「あの句集読まれました?」・・・・・・
 事務局の用事で、俳句仲間に電話をする機会があります。用事はそこそこに、句集等の話題で
電話は続きます。(勿論、コロナウイルスは話題になり、息災である事を喜び合います。)

 
 テレワークをされている仲間からは、LINEで近所の景色やベランダの植物の写真等と共に、
即吟の一句が届きます。LINE上で、即席の句会が行なわれたりもします。皆さん、いろいろ
工夫をしながら、俳句に親しんでおられます。

 外出自粛で、我が家では 毎日の時間がゆっくり動いています。再々放映のサスペンス
を見飽きると、句集を手することもあります。平成生まれの若者の句や大正生まれの俳人
の句も、その作者の世界に入って行けるようで・・・・楽しいです。

 私の机の上には、栗田先生の『半寿』と、主宰の『憂国』が置いてあります。
「伊吹嶺」の俳句を学んでいる我々には、この句集は教科書とも言えますね。
 最近、脳トレ(?)を兼ねて<1日二句!>暗記をしています。
(次の日には、すっかり忘れてしまっていることもありますが・・・・)
 皆さんも<暗記>は如何ですか?                     (矢野孝子)


 栗田先生の『半寿』と河原地主宰の最新の句集『憂国』を購読ご希望の方!
句会で纏めての申し込みも、個々の申し込みも・・・・以下へどうぞ!

栗田先生
  メールなら、kurita-k@yk.commufa.jp 
  FAXなら、052-896-8689

河原地先生
  メールなら、kawaraji@sirius.ocn.ne.jp
  FAXなら、050-3737-8623
  郵送なら、伊吹嶺発行所の住所まで。

写真は樹炎さんから送っていただいた お庭の山法師と夕霧草です。    (✩NORIKO✩)

 


20.5.10 (5292)

    
 ねんりんピック岐阜2020  俳句の募集ご案内!!

      
 5月31日締切です。皆様多数ご応募ください!!


1.募集区分 

 高齢者部門:60歳以上(昭和36年4月1日以前に生まれた人)   
 一般部門:60歳未満(昭和36年4月2日以降に生まれた人)
 ジュニア部門:小学生・中学生・高校生

2.募集締切 

 令和2年5月31日(日)まで※当日消印有効
 ※ジュニアの部については7月10日(金)必着

3.投句方法 

 未発表作品1人2句(雑詠)以内を、「募集句投句用紙」に記載し、ねんりんピック岐阜2020大垣市実行委員会事務局へ提出してください。
 なお、俳句用紙は、大垣市HP(https://www.city.ogaki.lg.jp/)からダウンロードできます。また、葉書で提出の場合は、大垣市HPに掲載しておりますパンフレットの「応募はがき」と同じ内容を記載して、郵送をしてください。
 また、大会参加申込専用HP 【大会HPはこちら】 (https://www.nenrinpic.net/)からも応募できます。

4.投句料  
 無料

5.提出先  
 ねんりんピック岐阜2020大垣市実行委員会
 (大垣市役所健康福祉部高齢福祉課内 市役所5階第1会議室)
 TEL:0584-47-8839(直通)

★ねんりんピック岐阜2020俳句部門HP 【俳句部門HPはこちら】 

https://nenrin-gifu2020.jp/news/recruiting/2020-3.html

★ねんりんピック岐阜2020の投句は ネットからご応募できます。

お一人様2句まで(1回限り)【ネット専用投句欄はこちら】 

https://www.nenrinpic.net/haiku/

★郵送の方は 下のPDFをクリックして印刷、郵送 または必要事項を記入したハガキを郵送なさってください。

【郵送用投句用紙】

(✩NORIKO✩)

20.5.10 (5291)
 
 
先日、5月の春満月 フラワームーンの夜がありました。
確か7日で見忘れて8日夜中に窓の外に真南に揚がった月を見て眠りました。
 いつも天文の話題や写真を送ってくだささる樹炎さんから早速届きました。有難うございます!

 コロナ騒動でぼやけた日々ですが、すでに「立夏」です。
昨日、9日 朝・昼・夜・の空の写真を撮ってみました。
西から低気圧接近で、朝焼けが綺麗です。昼間の飛行雲も雨の近さを教えてくれます。夜、9時頃のおぼろ月をたのしみました。 ご笑覧を    樹炎

  


白波の割るる礁や春の月   森垣昭一  武藤さんの「いぶきネット歳時記抄」より  

空の写真を送っていただくと 何故かさだまさしの「天文学者になればよかった」が浮かんできます。
視力が悪い私は近視乱視のメガネをかけていても 月がバナナのように見えてしまい、
ちょっと残念な生き物で 視力が良ければ世界も変って見えただろうと思います。

(✩NORIKO✩)(651183)

20.5.8 (5290)

 大型連休が終わりました。如何お過ごしでいらっしゃいましたか?お仕事の人は再開ですね。
各地で感染者数が減ってきているようです。自粛の期間は延長になりましたが、第二波もあるようだと報道しています。もう少しの辛抱ですね。しばらくは生活様式が変ってくることと思いますが、頑張りましょう。

★オンライン句会(5月~11月)の対象の方を広げました。
Eメールを使える方 この機会にご参加ください!

★いぶきネット句会の投句一覧が配信されました。選句締切は10日午後9時です。

★HP俳句会の受付も始まっています。投句締切は15日午後9時です。

★ジュニア俳句も受け付けています。休校のお子さんたち、どうぞご投句ください。

(✩NORIKO✩)(650943)

20.5.5 (5289)

  オンライン句会の参加対象者の変更!!

 5月1日(金)にオンライン句会の開設をお知らせしました。その後、「今、インターネットで句会をしているのですが、参加できないでしょうか」との問い合わせがありました。そして、もっと参加者を増やしたいという思いもあります。そこで、オンライン句会の参加者の対象を次のように変更させていただきます。

*オンライン句会の参加対象者:伊吹嶺の会員で、一般会員、同人を問わずインターネット(Eメール)を利用することができる方

 元々インターネットで句会を行っていた方、コロナウイルスの影響でインターネットで句会をするようになった方、新たにインターネットで句会をしてみようと思われる方、皆さん参加できます。


 よろしくお願いいたします。参加申し込みは、下記のメールアドレスにお願いいたします。(新井酔雪)(650513)


◆期 間  5月~11月(6ヶ月)
      *コロナウイルスによる「非常事態宣言」が解除されないときは延長します。

◆対象者  伊吹嶺の会員で、一般会員、同人を問わずインターネット(Eメール)
     を利用することができる方


◆句会の流れ  *5月から始めます。以下のことをすべてEメールで行います。
  係への投句(15日~20日)→投句一覧の作成→参加者への投句一覧送付(25日)
  →係への選句送付(30日)→選句一覧の作成→参加者への選句一覧送付(翌月の5日)

◆投句と選句  投句3句、選句3句とし、選は互選です。

◆参加申込  本名、姓号、住所、メールアドレス、電話番号、所属句会(ない場合は無しと記載)
      を記載して、次の新井酔雪のメールアドレス宛に送ってください。
        
araisuisetsu-onlinekukai@yahoo.co.jp 



20.5.2 (5288)

★昨日お知らせしましたとおり インターネット部では「オンライン句会」を開設しました!!

参加ご希望の方は 1日のお知らせの記事をお読みになり
酔雪さんの オンライン句会のEメールアドレス へお申し込みください。
対象に該当する方は、会員、同人を問いません。是非!!


 5月になり急に暑くなりましたが マスクはしっかり付けて出かけています。
もうすぐ子どもの日ですね。樹炎さんは曾孫さんへ 素敵な幟を贈られました。
子どもは国の宝、すくすく育ってください。

+++++端午の節句

 急に夏めいて素晴らしい青空です。コロナの影響でひ孫の御節句は出来ませんが、
メールのやり取りで写真をつなげてみました。
マンション住まいの若夫婦には、壁飾りの手染めの幟を送りました。
粽は我が家で用意して、ひ孫の足で元気な感じを出してみました。
コロナの一日も早い終息を願います。  樹炎+++++


   

園児らの手形の鱗鯉のぼり  河村恵光  武藤さんの「いぶきネット歳時記抄」より

★いぶきネット句会のお知らせ
投句締切 5月5日(火)午後9時
選句締切 5月10日(日)午後9時    いずれもお早めにお願いします。

★HP俳句会の投句受付が始まっています。
投句締切は 毎月15日 午後9時です。

HP俳句会は 伊吹嶺会員の方でも どなたでもご投句できます。
ふるってご参加ください。オンライン句会の対象になる方は、3句+HP句会2句、計5句投句できます!

★ジュニア俳句はいつでも投句を受け付けています。
学校が休校の折から ご家族の皆さまとご一緒に俳句を作ってみませんか。


(✩NORIKO✩)(650144)


20.5.1 (5287)

オンライン句会の立ち上げ!!

 伊吹嶺の皆様、いかがお過ごしでしょうか。
コロナウイルスの影響で、日本中が外出の自粛、イベントの中止を余儀なくされています。ここ愛知の伊吹嶺でも、俳句鍛錬会が延期、伊吹嶺句会が休止となっています。この他、多くの句会が休止していると聞いています。

 そこで、インターネット部では、句会に所属しているが句会が休止となっている方や、句会に所属していないが句会をしてみたいと考えている方を対象としたオンライン句会を期間限定で開くことにしました。


 オンライン句会に参加を希望される方は、以下の要項をよく読み、新井酔雪までご連絡ください。よろしくお願いします。

◆期 間  5月~11月(6ヶ月)
      *コロナウイルスによる「非常事態宣言」が解除されないときは延長します。

◆対象者  ・「伊吹嶺」の各句会に所属している方で、句会が休止となって参加の機会がない方
      ・伊吹嶺句会に参加しているが、休止となって参加が出来ていない方。
      ・句会に所属していない方で参加を希望される方
      *インターネット(Eメール)で投句や選句などを行なうので、
       インターネットのできる環境が必要となります。

◆句会の流れ  *5月から始めます。以下のことをすべてEメールで行います。
  係への投句(15日~20日)→投句一覧の作成→参加者への投句一覧送付(25日)
  →係への選句送付(30日)→選句一覧の作成→参加者への選句一覧送付(翌月の5日)

◆投句と選句  投句3句、選句3句とし、選は互選です。

◆参加申込  本名、姓号、住所、メールアドレス、電話番号、所属句会(ない場合は無しと記載)
      を記載して、次の新井酔雪のメールアドレス宛に送ってください。
     
araisuisetsu-onlinekukai@yahoo.co.jp 

 皆様よろしくお願いいたします。  インターネット部 新井酔雪(649933




〈〈 TOPページへ戻る 〉〉
 
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.