top page
top page HP俳句会 投句フォーム 投句一覧 選句結果
投句一覧
     
第228回(2018年6月)投句一覧
 
番号 俳  句
1 出刃入れし飛び魚の鰭(羽)惜しみけり
2 蒸し暑き夜警や魚焼く匂ひ
3 道の駅匂かぐはし新茶買ふ
4 風立つや紫ふかき花菖蒲
5 ぷるぷると古き茶房の扇風機
6 先ず麦茶そして留守電ボタン押し
7 山法師土偶はなべて母の貌
8 立葵浄土の口に群れ咲きぬ
9 地球という舟の旅人柿の花
10 遠山のけぶるさみどり夏の始
11 竹林の小径や梅雨の月あえか
12 白鷺の白一点の暮れゆける
13 衣更三畳半の妣の部屋
14 二度三度敷石に来る青蜥蜴
15 アカンサス咲く旧邸に撞球室
16 同窓会ダリアの庭に僕がゐる
17 額に汗父の手打ちのうどん玉
18 初夏や日の斑のまろぶ風の丘
19 老鶯の声に押されて男坂
20 緑陰のかすかに動く気配して
21 蚊遣火のつと吐き出しぬ閻魔帳
22 山裾の早苗田清き水光る
23 故郷の残雪の嶺くきやかに
24 恋蛍闇夜に描く赤い糸
25 山に雨海に風呼ぶ男梅雨
26 受付に十薬の花凛として
27 これからの第二人生風薫る
28 瀬水引く硝子の生け簀鮎の宿
29 茹で揚げの足反る蛸や漁師宿
30 香の馳走塩梅の良き豆の飯
31 田水張る雲湧く棚田明日香村
32 父逝きて孫生まれ来る五月かな
33 「父の日にもらふ」と辞書に硬き文字
34 水奔る糺の森の下闇に
35 卒塔婆の墨の滲みや額の花
36 気がつけば数多に立てり鴨足草
37 車椅子走らす腕雲の峰
38 心地よき木椅子の窪み夏木立
39 菩提樹の端の湿りや著莪の花
40 絹莢のかすかな匂い指の先
41 隠元の蔓は右巻き山颪
42 厨窓開けて薇煮てをりぬ 
43 扇風機出して展けり風の青 
44 深碧の森の中より黒揚羽
45 ほうたるの影にざわめく川面かな
46 幾重にも雲また雲や夏の空
47 なにも無きかに御嶽や山開く
48 媼干す勿忘草の押し葉かな
49 ゾンビごと皆スマホ見る冷房車
50 朴の花夕日見送る高さにて
51 はまなすの潮に浮き立つ利尻富士
52 小名浜の遠くに船と夏の松
53 貸農園新じゃがを掘る親子かな
54 枇杷熟るる小さき軒先過疎の村
55 梅雨晴れや袖透け白し若き女(ひと)
56 なめくぢの光乾くや地蔵の手
57 黒南風やお堂の裏の穴閑か
58 万緑の峪へと垂らす命綱
59 青嵐櫂の捌きをあやまたず
60 薫風や新地に荷解く旅一座
61 雨乞て畔に一合便の酒
62 青嵐榊ころげる地鎮祭
63 えいえいえい白木の鍬や風薫る
64 串打って若鮎の香のたちのぼる
65 父の日や今年はさらに耳遠く
66 羽抜鶏空を恋ひ焦がれ羽搏けり
67 送迎車待ちたる家や立葵
68 気抜けせる音の聞こえて遠花火
69 夏料理背もたれの無き椅子並ぶ
70 石山の寺紫陽花の滲みたり
71 水無月の雨蜜月の傘に落つ
72 海の日やゴロゴロ大きカレーの具
73 父の日やジョッキの中に模型船
74 1 沖を見る島の鬼百合なに愁う
75 2 梅雨の雷雨戸の隙間目で聴けり
76 山門を越へて空まで青あぢさゐ
77 百合の香や指染めて葯そつともぐ
78 首塚に激しき雨や信長忌
79 梅雨空や大戸押上げ端切れ売る
80 まず妣に供へし阿蘇のさくらんぼ
81 キャンパスの元寇跡や夏の草
82 透明の傘さしてあり庭牡丹
83 緑陰を出づネクタイを締直し
84 凌霄の咲きて狹庭を一色に
85 風立ちて藤の重さを量るごと
86 荒彫りの野仏四角姫女苑
87 大夏木七堂伽藍覆ひをり
88 シーサーの睨む赤屋根仏桑花
89 涼風も乗る水牛車西表島(いりおもて)
90 樹下の岩あきぬ眺めや庭若葉
91 夏草や古都を偲びつ鹿遊び
92 甘酒や大涌谷の黒卵
93 桑の実の甘き赤さや祖母の家
94 囮鮎放てば川瀬に勇むかな
95 薫風やこそこそ咄聞こえ来る
96 一天を恋ひ泰山木花開く
97 緑さすガラスの壺の金平糖
98 数独に再挑戦や日雷
99 颯爽と日傘の紳士追ひ越さる
100 ガジュマルの盆栽に水沖縄忌
101 素足のすレッズ選手の足形に
102 鯉跳ねて花の寄り添ふひつじ草
103 庭茂り隣家の遠くなるごとし
104 何処までも青き空なる梅雨入かな
105 明日植うる代田逆さ絵波立たす
106 はじめての男の子たり天瓜粉
107 八十八か所種のいろいろや七変化
108 網棚に夏帽一つ五能線
109 水底の森より虹の立ちにけり
110 桐下駄の白き鼻緒や夏の風
111 万緑や一日一度巻く竜頭
112 諍ひは水に流して髪洗ふ
113 一村を包む閑けさ走り梅雨
114 農道の舗装の隙間矢車草
115 手に受けて粒毎の艶ゆすらうめ
116 デザートも有り緑蔭の午餐かな
117 雲流れ行く千枚の植田かな
118 噴水や路上で跳ぬるパフォーマー
119 畦道をただひたすらに草刈女
120 木漏れ日を弾く飛沫や風薫る
121 大阿蘇に亀裂幾多や青田風
122 雨催いレンゲツツジの朱燃ゆる
123 郭公の響く御嶽風駆ける
124 梅雨しぶく閂かたき寺の路地
125 芹の花浮かして流る田水堰
126 ストッキング脱げばほつれる薄暑かな
127 産膜酵母殖えて饐えゆく五月闇
128 銀色の命飛び交ふつばめ魚
129 振り向かれず名さへ知られず姫女苑
130 学僧の下る比叡や青嵐
131 たどり着き蛇よじのぼりゆく浮御堂
132 復元の古代住居や梅雨湿り
133 夏足袋や吉野も奥の能舞台
134 新樹光娘に持たす洋食器
135 夏燈沖より返るポンポン船
136 入梅や登坂車線をパトランプ
137 唇にラムネの重し夕まぐれ
138 凌霄花軋む階段天守へと
139 予報士や立て板に水梅雨の空
6月15日までの投句作品です。

※ 記載漏れや句に間違いなどありましたら至急ご連絡ください。