top page
top page HP俳句会 投句フォーム 投句一覧 選句結果
投句一覧
     
第217回(2017年7月)投句一覧
 
番号 俳  句
1 ギター曲聞く父の日やブランデー
2 古代蓮葉のあはひより抽きんづる
3 痛風や百日紅の真っ盛り
4 揚梅(やまもも)の路染むほどに落つるかな
5 @ぐんぐんと水を呑みけり花皐月
6 A葛藤の襲ねた数や濃紫陽花
7 次々に水脱ぎ捨てて簗を跳ぶ
8 背の流れ腰で探りて鮎を釣る
9 梅雨空を北に押しやり伊吹山
10 歌ふ輪の膨れてゆきぬキャンプ村
11 潦の泥を咥えて夏燕
12 釣り人に向き青鷺の磯ぜせり
13 同窓会ダリアの庭に僕がゐる
14 大欅ひときはめだつ夏木立
15 雨あがる天界あまねく蝉時雨
16 夕陽さす畳の隅のはぐれ蟻
17 宇宙の蒼 映す炎暑の 海の涯
18 梓川 渇きもいゆる 石清水
19 半夏生たこは良いとかカルパチョ
20 朝まだき採取狙いはカブトムシ
21 夏満月地球を少し離しけり
22 水含む絵筆の膨らみ七変化
23 川の面照らす篝火総がらみ
24 朝顔市粋な名を見て通り過ぎ
25 緑陰の札所に鈴の響きあふ
26 月涼し湖水の眠る静けさに
27 昏るるには間のあり灯るビヤガーデン
28 説法に慣れぬ正座や夏座敷
29 流螢に目を奪はれて釣果なく
30 バス揺るる膝の西瓜に両手添へ
31 下闇や掌に載るほどの石仏
32 沙羅散るや羅漢に届く夕の鐘
33 踏切の向かうに日焼子の一団
34 梅雨寒や迷走中の救急車
35 音失ふ向日葵黄色炎かな
36 片蔭に入りて風さへ乳母車
37 姉妹旅伊勢の葛餅家苞に
38 帰り来て先づ葛餅を亡き夫に
39 暑気払理屈其其縄暖簾
40 激辛の担々麺で暑気払
41 風吹いて月光覗く青田かな
42 断水にひと日戸惑ふ梅雨出水
43 梅雨寒の血圧計へ腕通す
44 琉金の尾鰭遅れて翻り
45 風鈴の死角に風のとほりけり
46 稜線を太く描きて梅雨明けぬ
47 向日葵の谷に埋もれ遊ぶ子ら
48 初蝉のかすれ声聞く旅の宿
49 ゆすら梅畦を遠くに笑まふ母
50 雷雲に追われてをりしランドセル
51 捩花や鞠捨て置きて見惚れる児
52 アガパンサス朱き喉輪のお地蔵さま
53 筆太の一行の詩や夏見舞
54 華やかに消えて闇ます大花火
55 雨蛙一つ跳んでは首傾げ
56 静寂に文を書く朝小暑かな
57 白鷺の入江に舞うや明けの富士
58 梅雨ごもり朝夕刊に虫眼鏡
59 梅雨傘を傾け花の名札読む
60 初もぎのトマト重たき掌
61 押し合ひて木の根を越えり蟻の列
62 ぬれ縁にしばし夏蝶目で追ひぬ
63 炎昼のこぶしゆるめず赤子泣く
64 一水を囲む集落蛍の夜
65 たて横にパイプ並べて海の家
66 流さるるたびにダッシュの水馬
67 天空の乱心なりやはたた神
68 二丁目の角で二手に蟻の列 
69 夏空や癌病棟のエレベ−タ−
70 日盛りの随眠を絶つ診察室
71 送信のボタン押せずに髪洗ふ
72 夏料理窓いつぱいに太平洋
73 目を閉じて皺の手合はす原爆忌
74 鱧ましろ梅肉添へて祝ひ膳
75 沈黙を守り夕虹をはりけり
76 聚落に哀し爪痕夏の雨
77 先輩の泥鰌掬いや夏座敷
78 ナイターや贔屓チームは今日も又
79 秋篠の昼静かなる苔の花
80 蛍火や水の流れに沿ふやうに
81 ビル街に残る社や夏燕
82 保母添寝青く匂へる藺草蓙
83 配管工軍手の甲で汗拭ふ
84 垣根結ふ庭師の腰に蚊遣香
85 村祭り派手なサンバが橋渡る
86 アリランも風の中なる秋祭り
87 アカシアの花散る先は母の郷  
88 バス降りてアカシアの花けぶる坂
89 紫陽花の色を深めて降りしきる
90 万緑に川音遠き天守閣
91 信号の赤はかはらず夕立来る
92 雷神を載せて近づく夕立雲
93 炎天や水平線を帆かけ船 
94 片蔭に物置くのみや園児たち
95 ホームランボールを探す草いきれ
96 父母の骨壺移す帰省かな
97 引越を明日に蛍の飛び始む
98 形代に息かけ息に噎せる父
99 山裾に添うて畝りて青田波
100 海の日や吸盤著き蛸せんべい
101 遠山を写して涼し浮御堂
102 板の間に先ずは大の字帰省の子
103 白南風や小さき鳥居の夫婦岩
104 男衆の肩に滲む血山笠走る
105 今泣きし嬰の笑顔や夏の萩
106 噴水の頂上力抜くところ
107 黒南風に轟く銃声種子島
108 夏日入る王宮の冷たき床に
109 先客のゆるりと笑まふ片かげり
110 まちがひを正さぬ情け星涼し
111 太陽を独り占めしてトマト熟る
112 傍らにペンと季寄せの昼寝かな
113 賤ケ岳水に映りて月涼し
114 緑蔭を出でて短き影とゆく
115 風に乗せ老鶯歌う御嶽山
116 風涼し父と語らう竹の寺
117 隣国の炎暑につつくサムゲタン
118 夏草の領土と化せり高架下
7月15日までの投句作品です。

※ 記載漏れや句に間違いなどありましたら至急ご連絡ください。