TOPページへ戻る 購読について
TOPページへ戻る

 
伊吹嶺落書  (18年8月からの最新の落書)(みなさんからのメールや出来事&ネット同人からのお知らせなど)
 <<18年後半保存分の落書へ(18年7月からの落書は左をクリックして下さい。)
<<18年前半保存分の落書へ(18年1月から6月までの落書は左をクリックして下さい。)
<<17年後半保存分の落書へ(17年7月から12月までの落書は左をクリックして下さい。)
<<17年前半保存分の落書へ(17年1月から6月までの落書は左をクリックして下さい。)
 メッセージお待ちしております。
 メッセージお待ちしております
 

18.8.17 (4569)
 昨夜はこの夏初めて冷房なしで就寝しました。
今朝は室内27度で湿度40%、こんなにも涼しいと思ったことはありません。
でもまた暑さが戻ってくると予報していますが、ほどほどにしてほしいですね。

 二日間のチャットによる合評会が終わりました。
皆さん積極的にご意見、感想を述べてくださり充実した時間でした。

 樹炎さんから季節の写真を送っていただきました!
子どもの頃は 風船釣りや金魚釣りの縁日には心ときめいて、とても楽しみでした。
そういう気持ちをいつまでも持っていたいなと思います。

    小粒ぶだう一粒一粒がたのしいとは   細見綾子  
句集『雉子』より

 岩田由美氏は著書『綾子の一句』で
<子どもがデラウェアを食べているところだとしか思えない。・・・一粒一粒にわくわくした表情を見せるのだろう。・・・>
と鑑賞されています。

 綾子先生ならではの句風の作品で とても私たちが詠める句ではありませんが、先生がお持ちだった子供のような純粋な気持ちがそのまま口をついて出来た一句のように思いました。(✩NORIKO✩) (564764) 



18.8.16 (4568)
 昨日は終戦記念日でした。
いつもテレビの前で黙祷ですが、平成の元号では最後でしたので集中して中継を見ました。
戦後生まれた私としては、平和を享受していることに感謝する日です。


  アメ横の椰子の実ジュース敗戦日    河原地英武

  筒抜けの空の青さや終戦忌       大平敏子

  靖国の靖はわが名敗戦忌        栗田やすし

 
 昨日はひと雨降って、今朝は室内温度が30度を下回り、
朝の風にわずかながら涼を感じるようになりました。
 帰省の子らも帰り、静かな日々が戻り、体力的は楽になりましたが
少しさびしさも感じているこの頃です。 
写真は以前知覧で写した三角兵舎です。 (✩NORIKO✩)(564577) 



18.8.14 (4567)

++++++++++++++

〓 第 167回 いぶきネット句会 (平成30年8月)合評会のお知らせ 〓  


残暑厳しいですね。今日の京都は、夕立が降ったものの猛暑日が続いています。そこで、

何か涼しい話題はないかと探してみました。伊吹山の積雪記録ですが、1927年2月14日に

1182センチを観測し、現在でもギネスブックに残っている世界記録だそうですよ。

さて、合評会はいつものように、15日(水曜日)16日(木曜日)の両日

午後9時から行います。 投句一覧・選句一覧をご用意の上

伊吹嶺フォーラムのチャットルームへお集まりください。 (哲半)

++++++++++++++


 哲半さん、お知らせと写真を有難うございました。ひんやりと涼しそうです。
(✩NORIKO✩)

18.8.13 (4566)

 河原地主宰から「西日本豪雨義援金」について連絡がありました。ご協力をよろしくお願いします。義援金のことを知らない方には、無理をしない範囲でお知らせいただけると助かります。 (新井酔雪)(564197)

  西日本豪雨義援金のお願い!!

 西日本を襲った記録的な豪雨により、各地に大きな被害が出ているのを受けて、俳人協会では、「西日本豪雨災害対策委員会」を立ち上げ、義援金の募金活動を進めています。

 「伊吹嶺」俳句会は、このことを受けまして、この活動を支援していきます。つきましては、句会ごとまたは個人で、下記の口座に募金をお願いいたします。

 振り込まれた義援金は、総務部がまとめて、俳人協会に送らせていただきます。その後、日本赤十字を通して、被害に遭われた皆さんへ届けられます。

 なお
募金の期間は、10月10日までとします。よろしくお願いいたします。

 郵便振込口座 12040―5281251  加入者 小原米子 

追伸 この義援金の案内は、「伊吹嶺」9月号に掲載されます。しかし、少しでも早い方がいいと思い、皆様にお知らせしています。このことは、河原地主宰、栗田顧問、総務、事務局、諸先輩数名の方々に前例等を聞いて進めています。


18.8.12 (4565)
 花火大会のシーズンになりましたね。初期の俳諧では、盆行事の一環と考えられ、
秋の季語でしたが、納涼が中心となった現代では、夏に分類されています。
隅田川の大花火は「川開き」に行われていたそうです。
 二年ぶりに故里の花火を見てきました。場所は大型スーパーの屋上ですが、
駐車した親戚への帰り道の坂でもよく見えました。
写真はなかなかうまく撮れませんでしたので、葉書です。  (✩NORIKO✩)

   山国や空にただよう花火殻     金子兜太

   手花火のこぼす火の色水の色   後藤夜半


18.8.10 夕 (4564)
樹炎さんから 写真と共にお便りをいただきました。有難うございます!!
旧盆が近づきましたね。


++++++++++++++

   「 ほうずき提灯」
 お盆は旧暦でいつも一月おくれで迎えます。
母は庭に川蜻蛉が群れる頃、お盆支度に草刈を始めたものです。
昔、先祖の霊を迎えに、ほうずき提灯に灯をともし母の後ろから近所の墓地まで、
家紋の入った提灯の後を姉弟で蝋燭の火をを消さないように・・・
夏の闇に提灯の揺らぎが彩られるひとときでした。お盆ならではの記憶です。

 今年は戦後73年目の8月15日が来ます。あの忌まわしい愚かしい原爆忌も過ぎました。
酷暑が続き、天災の多い年で多くの尊い命が失われました。
日差しも傾いて、一筋の弦を震わせるような蜩が鳴いています。  合掌。
                      八尋樹炎

++++++++++++++

 家紋のはいった提灯で御霊をお迎えに行くのですかすか、厳かな気持ちになりますね。

 母の初盆の時に 伯母と岐阜提灯を買いにに行きました。
妹が先に亡くなったためか、伯母が、二人で一緒に買おうと言ってくれた気づかいも懐かしいです。

子供のころは、走馬燈がきれいで、お盆が来ると人も集まり、何だかわくわくした気持ちになっていたことを思い出しました。

    桟橋に積む鬼灯の匂ひ立つ     八尋樹炎

    遠ざかる母との月日走馬燈      伊藤範子

               (✩NORIKO✩)(563852)

18.8.9 (4553)

++++++++++++++

いぶきネット句会のみなさま

◇◆ 第 167回 いぶきネット句会 (平成30年8月)選句締切りのお知らせ ◆◇

明後日8月10日(金曜日)午後9時選句の締切りです。

締切りまでに、出来るだけ早めにお送りくださるようお願いします。


夏山登山のシーズンですが、今年は、過去最悪のペースで遭難事故が発生して
いると新聞に載っていました。その原因の一つには、登山道の下草がシカに
食べられてほとんどないことから、道が不明瞭になってしまっていることとありました。

標識や矢印が多いことを嫌う人もおられますし・・・ なかなか難しい問題ですね。(哲半)

++++++++++++++


    朝雲の故なくかなし百日紅     水原秋櫻子

    晩年など女に要らず百日紅    細井 みち  
 いずれも『俳句の花図鑑』より

シカが食べる下草で道が分からなくなっては 登山の方には困りますね。しかしシカも食べなければ生きていけないし・・

徒歩さん 京都句会の模様を有難うございました。吟行はこの暑さでは取りやめて正解でしたね。
名古屋も少し歩いただけで、へろへろになりました。
今日も暑くなりそうです。外でお仕事の方にはお疲れさまですの一言です。(✩NORIKO✩)(564650)


18.8.8 (4552)
 
今晩は、松井徒歩です。
 台風13号が関東地方へ接近しています。できるだけ海の方へ逸れることを祈っています。
 昨日7日は京都句会でした。
 今月は猛暑をを考慮して毎回恒例の吟行を初めて取りやめとしました。
 先月にここまでの暑さを予想したわけではありませんが、幹事さんの先見の明に感謝です。
 10時半から4時まで昼食を挟んで、席題、通常句会、兼題と涼しい中での句会でしたが結構疲れました。

 席題「立秋」「七夕」「原爆忌」「残暑」

  河原地主宰選

   七夕の風に乾きし笹の音    佳子
   約束は西口で五時星祭     万里子     
   メス跡を指でなぞりし秋暑かな 俊雄
   工事音一時止みて広島忌    悦枝

   庭隅に小鳥の墓標今朝の秋   英武

      (松井徒歩)  


18.8.6 (4551)
 今日は73年前、広島に原爆が投下された日です。
毎年朝8時からテレビを見ての黙祷ですが、いつも小学生の平和への誓いには心打たれます。
 出勤前でしょうか、若い人々が被爆川へ向かって合掌したり 訪れた人が折り鶴を掛けたりしていました。原爆資料館はリニューアルへ向けて改修工事中で、2019年春オープンするそうです。

 昨夜の雨木々洗ひたるヒロシマ忌     松永敏枝

 電柱の影の歪めり原爆忌         都合ナルミ

 ふち焦げし原爆の日の目玉焼       栗田やすし
 
写真はテレビを写したものです。(✩NORIKO✩)(563284)

18.8.5 (4550)
 国枝さんに、季節の俳句 壁紙等を書き換えていただきました。大変な作業だったことと思います。有難うございます。
 蝉しぐれもこの暑さで 朝だけは元気に聞こえてきます。昼は休憩しているように感じます。蚊もこれまでより減っているように感じます。小動物や ペットたちもぐったりしていることでしょうね。
 とはいいながら、暦の上で立秋が近づいています。今年は8月7日から22日が立秋の期間とのことですが・・・
皆さまの周りは いかがでしょうか。 
 8月も暑さは厳しいようです。お身体には十分お気を付けください。 

★ 磯田なつえさんから 一番茶句会報(594号)を送っていただきました。
七月号は、「第四回静岡・関東支部・蒲郡合同鍛錬会」の特集が組んであり、吟行会の様子が写真入りで掲載されていました。各句会報、作品鑑賞と、いつもながら、編集部員の皆さんのご努力が実を結んでいる充実した句会報です。
 あとがきの、なつえさんの言葉を紹介させていただきます。

「全国大会への投句も済ませ、皆さんとの再会が楽しみです。行事への参加は、自分の世界をひと回り大きく広げてくれるように思います。猛暑の中ですが健康に留意して夏を乗り切りましょう。」

そうですね! 暑い夏が過ぎれば秋、大会でお会いできることを楽しみにしています。

 山開き吟行会の様子は7月12日の落書記事をご覧ください。 

 写真は昨日に引き続き、樹炎さんから 送っていただいたものです。糸瓜の花と、鹿の子百合だそうです。見事ですね。

  糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな       正岡子規

  ポカポカと雲浮く屋根の花糸瓜       富田木歩

  百合の蕊みなりんりんとふるひけり    川端茅舎

  百合折らむにはあまりに夜の迫りをり   橋本多佳子   いずれも『俳句の花図鑑』より  (✩NORIKO✩)



18.8.4夜 (4549)
 毎年、トップページに私たちの師である沢木欣一先生、細見綾子先生そして栗田やすし先生の俳句にちなんだ写真をスライドショーで表しています。
 今年も栗田綾乃様のご協力を頂いてスライドショーを更新しました。その写真は毎年5枚ほど選んでいます。

 
今年も次の5枚を選んで作成して頂きました。

1.菜の花(写真提供:村上知氏)
   菜の花がしあはせさうに黄色して  細見綾子
  細見先生は「私は黄色い花を見ると、何だか幸せそうに思う。」とおっしゃっています。

2.牡丹(写真提供:国枝隆生)
   朝の牡丹夕べの牡丹十日かな  細見綾子
  細見先生の牡丹の句は無数にありますが、皆さんにとって好みの牡丹を写真と重ねて下さい。

3.天の川(写真提供:所卓男氏)
   天の川柱のごとく見て眠る  沢木欣一     
 この写真を見ますと、本当に天の川は横たわっているのでなく、柱のように立っているのがよく分かります。

4.月(写真提供:八尋樹炎さん)
   門を出て五十歩月に近づけり  細見綾子
  心不全で緊急入院したあと退院したときの句です。

5.でで虫句碑(写真提供:国枝隆生)
  
 でで虫が桑で吹かるゝ秋の風  細見綾子
  このでで虫句碑は細見先生の生家の近くの高座神社にあります。

 今年は何故か細見先生の句が多くなりました。写真は主にこれまでの「いぶきネットの四季」から選びました。写真は村上知氏、所卓男氏、樹炎さんから頂きました。今年はこれで楽しんで下さい。
 そして来年も3先生にちなんだ俳句から写真を選びたいと思います。皆さんで3先生の俳句にちなんだ写真をお持ちでしたら、この落書の一番上にある「メッセージお待ちしております」をクリックして送って下さい。

 なお合わせて6月以前の落書及び7月の落書を倉庫に移しました。以前に戻って読みたい方は「18年前半保存分の落書へ」「18年後半保存分の落書へ」をクリックして下さい。そしてこの落書のページは2ヶ月分削除しましたので、もしかしたらブランクが多くなって見にくいかも知れません。いろいろと調整したのですが、うまく行きませんでした。ご勘弁下さい。
 さらに少し見にくいかも知れませんが、この落書の7月分の壁紙は、今日の落書の樹炎さんから頂いた「朝顔」にしました。ご確認下さい。(隆生)
(563073)


18.8.4 (4548)
 昨日名古屋は史上最高気温40.3度を記録しました。
家の庭木もぐったりしていそうな折に 樹炎さんから
お家の周りの涼し気なお花の写真を送っていただきました。
有難うございます。順番にアップさせていただきますね。

  朝顔や漏斗置きたる石の上      佐藤紅緑

  朝顔や濁り初めたる市(まち)の空  杉田久女

  朝顔に喪服の人のかゞむかな     瀧井孝作 
 いずれも『俳句の花図鑑』より

     (✩NORIKO✩)(562944)

18.8.3 (4547)

++++++++++++++

いぶきネット句会のみなさま

■ 第 167回 いぶきネット句会 (平成30年8月)投句締切りのお知らせ ■

5日(日曜日) 午後9時締切り です。 早めにお送りくださるようにお願いいたします。

7月31日の夏越祭をもって祇園祭が終わりましたが、たとえば、

鴨川の水で神輿を清める「神輿洗い」の28日には台風12号。

例年、四条大橋まで運ぶ神輿を、今年は八坂神社境内に置いたまま、鴨川の水を運んで神事が行なわれました。

境内での「居祭(いまつり)」の神輿洗いは1946年以来ということだったそうです。(哲半)

++++++++++++++

御神輿を洗うという神事もあるのですね。 一か月にわたる一大行事、関係者の皆さまお疲れさまでした。(✩NORIKO✩)


18.8.2 (4546)
今日も高温注意報が出そうな勢いで、名古屋は38℃になる暑さです。8月5日からは第100回高校野球選手権が始まりますね。
熱戦を期待しています。球児の皆さんも体調に気を付けてください。

 また8月になると、広島 長崎の原爆忌 終戦記念日 ご家庭でお盆の行事や 
帰省で実家の仏壇に手を合わせ故人を偲ぶ機会がある事と思います。8月は戦争で
亡くなった方や先祖に思いを寄せる月でもありますね。

★10月に、俳句文学館にて 俳人協会主催の、平成30年秋季俳句講座があり、
栗田先生の講座もあります。栗田先生は第三回 10月23日㈫ です。
4回の全期間コースと一日券とのコースがあります。
詳細は下記をクリックしてご覧ください。ご都合の合う方はぜひご参加ください!  

【平成30年秋季俳句講座】

★西日本豪雨災害支援のための 色紙短冊頒布会もあります。ご協力いただけたら幸いです。

【災害支援 色紙・短冊頒布会】

 写真は樹炎さんから送っていただきました。   (✩NORIKO✩)(562725)

18.8.1 (4545)

 8月になりました。台風が東から西に横断、びっくりの月末でした。
樹炎さんからお便りと写真をいただきました。いつも有り難うございます。

++++++++++++++

 「蝉しぐれ」
 起き抜けから、すでに大音量の蝉時雨 ・・・
聴覚に訴える夏の風景物詩、暑さの要因でもありますね。
この猛暑で外出も 二の足を踏み断捨離でもと古いお茶箱の中を整理していたら、
大昔、高校時代の浴衣が出てきました。白地に赤い撫子の花・・・
青春の思い出がよみがえります。鼻緒のきつい下駄を履き痛かった記憶・・・
やっと戦後のゆとりが見え始めた頃です。揚げ花火に、若さに、舞い上がっていたの
です。

 今朝の新聞に、日本の映画黄金時代を支えた脚本家「橋本忍さん」
百歳で死去された記事見て、高校時代の映画「七人の侍」に興奮して鳥肌が立ち、
日本に、こんなにも素晴らしい監督・脚本家が居たのだと、高揚冷めやらず、
10キロの帰路を歩いて帰った夜を思い出しました。
若い頃の思い出に浸る齢になりました。涼風が恋しいころですね。
                               (八尋樹炎)


++++++++++++++

昨夜は火星の大接近、皆さんご覧になりましたか?しばらくは明るく見えるようですよ。次は17年後だそうです。

西日本豪雨の災害復旧は まだまだ続いています。俳人協会で、義援金の募金活動が始まりました。
皆さまのご協力をよろしくお願いします。  (✩NORIKO✩)(562605)


<< TOPページへ戻る
 
copyright(c)2003-2007 IBUKINE All Right Reserved.